2013年07月31日

その人を知らず〔舞台〕(1957/10/23〜11/9 俳優座劇場:文化座第20回本公演)

演出:佐佐木隆(※=佐々木隆)
作:三好十郎

【出演者】(パンフレット、登場順)
鈴木昭生 (伴〔憲兵将校〕、今井〔特高係〕、司会者)
斎藤三勇 (人見勉)
久保田修平 (下士官)
作間雄二 (浮田、男一〔左翼〕)
加藤忠 (片倉友吉)
田村錦人 (課長、男C〔老人〕)
大久保正信 (片倉義一〔友吉の父〕、私服刑事)
中本文夫 (声一、警官)
近藤吉蔵 (声二、組合員、男B)
河村久子 (静代〔工員〕)
佐原妙子 (人見治子〔勉の妹〕)
鈴木光枝 (女監督の声、片倉リク〔友吉の母〕)
関登美雄 (片倉明〔友吉の弟〕)
大矢兼臣 (北村〔工員〕)
外山高士 (宗定〔特高係〕、男二〔右翼〕)
千葉真 (黒川〔特高係〕、青年、私服刑事)
五月女道子 (片倉俊子〔友吉の妹〕)
西村惇二 (男三〔貴島宗太郎〕)
矢野昭 (男四〔モヒ中〕、男A)
高野雅夫 (監守、組合員)
森幹太 (細田)
石橋雅美(※=石橋雅史) (組合員)
関口英子 (組合員)
馬淵典子 (組合員)
阿部和子 (組合員)
竹内弘子 (組合員)
村田俊子 (組合員)
寺崎美根子 (組合員)
梅本雅子 (組合員)
大塚惠子(※=大塚恵子) (組合員)
伊堂寺和子 (組合員)
荒木玉枝 (小笠原夫人)
八木貞男 (木山譲二)
土井共子 (原田竜子)
井上惠子(※=井上恵子) (女一)
遠藤愼子(※=遠藤慎子) (女二)

【役名】 組合員
東亜時計工場の労働組合員。
タグ:〔舞台〕
posted by 管理人 at 17:24| Comment(0) | 舞台:文化座在籍時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月02日

炎の人〔舞台〕(1958/10/24〜11/6 一ツ橋講堂:文化座第22回本公演)

演出:佐佐木隆(※=佐々木隆)
作:三好十郎

【出演者】(パンフレット、登場順)
作間雄二 (アンリ〔炭鉱夫〕)
大矢兼臣 (ヴェルネ〔炭鉱夫〕)
八木貞男 (デニス〔炭鉱夫〕、朗読者)
遠藤慎子 (老婆)
伊堂寺和子 (ハンナ〔ヴェルネの娘〕)
大久保正信 (ヨング〔牧師〕)
森幹太 (ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ)
河村久子 (シイヌ〔モデル女〕)
西村惇二 (ワイセンブルーフ〔画家〕)
鈴木昭生 (モーヴ〔画家、ゴッホの従兄〕)
鈴木光枝 (ルノウ〔食料品店のおかみ〕)
外山高士 (テオドール・ヴァン・ゴッホ)
新田玄 (画学生)
鶴丸睦彦 (タンギィ〔パリの絵具屋〕)
土井共子 (若い娘)
荒木玉枝 (おかみ〔タンギィの〕)
佐原妙子 (ベルト・モリソウ〔女流画家〕)
斎藤三勇 (ロートレック〔画家〕)
白木茂 (エミール・ベルナール〔画家〕)
蔭山昌夫 (同:交互出演)
千葉真 (若い夫〔八百屋〕)
阿部和子 (その妻)
高橋照子 (同:交互出演)
加藤忠 (ポール・ゴーガン〔画家〕)
矢野昭 (中年の男)
石橋雅美(※=石橋雅史) (シニャック〔画家〕)
高野雅夫 (通行人)
関登美雄 (通行人)
近藤吉蔵 (通行人)
飯田和平 (通行人)
関口英子 (通行人)
三浦曙美 (通行人)
田村錦人 (ルーラン〔郵便配達夫〕)
五月女道子 (ラシェル〔酒場の女〕)
大塚惠子(※=大塚恵子) (若い看護婦)
竹内弘子 (同:交互出演)

【役名】 シニャック
画家。
posted by 管理人 at 07:56| Comment(0) | 舞台:文化座在籍時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

炎の人〔舞台〕(1959/2/21〜3/26、6/10〜7/11:文化座地方公演)

演出:佐佐木隆(※=佐々木隆)
作:三好十郎

【出演者】(パンフレット、登場順)
作間雄二 (アンリ〔炭鉱夫〕、シニャック〔画家〕)
大矢兼臣 (ヴェルネ〔炭鉱夫〕)
八木貞男 (デニス〔炭鉱夫〕、朗読)
遠藤慎子 (老婆)
伊堂寺和子 (ハンナ〔ヴェルネの娘〕)
大久保正信 (ヨング〔牧師〕)
森幹太 (ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ)
河村久子 (シィヌ〔モデル女〕)
西村惇二 (ワイセンブルーフ〔画家〕)
石橋雅美(※=石橋雅史) (モーヴ〔画家、ゴッホの従兄〕)
鈴木光枝 (ルノウ〔食料品店のおかみ〕)
外山高士 (テオドール・ヴァン・ゴッホ)
千葉真 (画学生)
鈴木昭生 (タンギィ〔パリの絵具屋〕)
荒木玉枝 (タンギィの妻)
佐原妙子 (ベルト・モリソウ〔画家〕)
斎藤三勇 (ロートレック〔画家〕)
蔭山昌夫 (エミール・ベルナール〔画家〕)
近藤吉蔵 (若い夫〔八百屋〕)
土井共子 (その妻)
加藤忠 (ポール・ゴーガン〔画家〕)
関登美雄 (中年の男)
矢野昭 (中年の男)
田村錦人 (ルーラン〔郵便配達夫〕)
五月女道子 (ラシェル〔酒場の女〕)
竹内弘子 (若い看護婦)

【役名】 モーヴ
ゴッホの義理の従兄で同時に絵の師である画家。
posted by 管理人 at 09:26| Comment(0) | 舞台:文化座在籍時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

荷車の歌〔舞台〕(1960/6/2〜9 都市センターホール:文化座第25回本公演)

演出:佐佐木隆(※=佐々木隆)
脚色:寺島アキ子(原作:山代巴)

【出演者】(パンフレット、登場順)
菅二郎 (子供1)
鈴木光枝 (セキ)
永井久幸 (子供2)
栗原京子 (子供3)
伊堂寺和子 (房枝)
鈴木昭生 (初造)
荒木玉枝 (姑)
加藤忠 (茂市)
外山高士 (三造)
佐原妙子 (リヨ)
山下与一 (廃兵、男衆)
永田ひろみ (オト代〔子供時代〕)
遠藤慎子 (コムラ)
川島里子 (ツル代〔子供時代〕)
高橋照子 (近所のおばあさん、近所の女2)
三浦曙美 (荷車引きのおかみさん、おかみさん3)
関登美雄 (近所の男)
西村惇二 (籬先生)
五月女道子 (ツル代)
板垣宏一 (辰男〔子供時代〕)
河村久子 (オト代)
飯田和平 (薬売り、供の者)
馬淵典子 (おかみさん1)
柳生千代子 (おかみさん2、近所の女3)
矢野昭 (荷車引きの男1)
田村錦人 (荷車引きの男2)
大矢兼臣 (荷車引きの男3)
蔭山昌夫 (虎男)
斎藤三勇 (七敷の旦那)
千葉真 (荷車引きの男4)
大久保正信 (荷車引きの男5)
高橋務 (大工)
石橋雅美(※=石橋雅史) (荷車引きの男6)
土井共子 (鈴枝、近所の女1)
竹内弘子 (ヒナ)
八木貞男 (辰男)
熊谷康子 (農婦)

【役名】 荷車引きの男6
タグ:〔舞台〕
posted by 管理人 at 09:28| Comment(0) | 舞台:文化座在籍時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウインターセット〔舞台〕(1960/10/28〜11/3 都市センターホール:文化座第26回本公演)

演出:佐佐木隆(※=佐々木隆)
作:マックスウエル・アンダースン(訳:見城新)

【出演者】(パンフレット、登場順)
高橋務 (紺サージ服の男1)
池田紀生(※=池田駿介) (紺サージ服の男2)
鈴木昭生 (トロック・エストレラ)
外山高士 (シャドウ)
田村錦人 (ルシア)
遠藤慎子 (ピニイ)
八木貞男 (ガアス)
五月女道子 (ミリアムネ)
斎藤三勇 (エスドラス)
大久保正信 (浮浪者)
土井共子 (若い女1)
佐原妙子 (若い女2)
森幹太 (ゴーント判事)
蔭山昌夫 (ミオ)
西村惇二 (カア)
飯田和平 (ハーマン)
矢野昭 (ルンバを踊る少年1)
関登美雄 (ルンバを踊る少年2)
千葉真 (水兵)
石橋雅美(※=石橋雅史) (左翼の男)
加藤忠 (巡査)
竹内弘子 (街の人)
山下与一 (街の人)
三浦曙美 (街の人)
高橋照子 (街の人)
伊堂寺和子 (街の人)
阿部寛子 (街の人)
田戸慶子 (街の人)
田口澄江 (街の人)
大矢兼臣 (警部)

【役名】 左翼の男
タグ:〔舞台〕
posted by 管理人 at 09:29| Comment(0) | 舞台:文化座在籍時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

埠頭〔舞台〕(1961/4/8〜20 都市センターホール:文化座第27回本公演)

演出:佐佐木隆(※=佐々木隆)
作:小幡欣治

【出演者】(パンフレット、登場順)
鈴木光枝 (お内儀)
河村久子 (敏江)
鈴木昭生 (フケ松〔アンコ〕)
大矢兼臣 (三やん〔アンコ〕)
斎藤三勇 (ケチ政〔アンコ〕)
石橋雅美(※=石橋雅史) (テッポウ〔アンコ〕)
矢野昭 (焼酎〔アンコ〕)
大久保正信 (秋田〔アンコ〕)
森幹太 (コンピラ〔アンコ〕)
関登美雄 (赤平〔多々良組の手配師〕)
蔭山昌夫 (新川〔蛯沢運輸の手配師〕)
高橋正夫 (桐山〔組合書記長〕)
八木貞男 (刀根〔組合役員〕)
田村錦人 (アカタン〔アンコ〕)
加藤忠 (宮武〔組合役員〕)
遠藤慎子 (しげ乃〔女工〕)
五月女道子 (民子〔女工〕)
佐原妙子 (洋子〔女工〕)
伊堂寺和子 (お里ちゃん〔女工〕)
竹内弘子 (女工1)
高橋照子 (女工2)
荒木玉枝 (猫引き婆さん)
三浦曙美 (女工)
藤田陽子 (女工)
阿部寛子 (女工)
恩田清二郎 (蛯沢〔蛯沢運輸社長〕)
飯田和平 (ワッチマン〔監視員〕)
高橋務 (チェッカー〔検数員〕)
小池安満(※=小池泰光?) (常傭の男)
外山高士 (跡部〔東洋倉庫支店長〕)
西村惇二 (仙崎〔仙崎海運社長〕)
伊藤亨治 (多々良〔多々良組社長〕)
山下与一 (内倉〔東洋倉庫業務課長〕)

【役名】 テッポウ
アンコ(日雇いの港湾労務者)。
タグ:〔舞台〕
posted by 管理人 at 07:46| Comment(0) | 舞台:文化座在籍時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

荷車の歌〔舞台〕(1961/11/29〜12/3 都市センターホール:文化座第28回本公演)

演出:佐佐木隆(※=佐々木隆)
脚色:寺島アキ子(原作:山代巴)

【出演者】(パンフレット、登場順)
鈴木光枝 (セキ)
佐々木愛 (房枝)
鈴木昭生 (初造)
荒木玉枝 (姑)
加藤忠 (茂市)
外山高士 (三造)
大矢兼臣 (同:交互出演)
佐原妙子 (リヨ)
斎藤三勇 (廃兵、七敷の旦那)
大滝正子 (オト代〔子供時代〕)
村田美智子 (同:交互出演)
遠藤慎子 (コムラ、近所の女3)
五月女道子 (ツル代)
高橋照子 (近所のおばあさん、おかみさん2、近所の女2)
三浦曙美 (近所のおかみさん、おかみさん1、近所の女1)
関登美雄 (近所の男、大工)
西村惇二 (籬先生)
森幹太 (同:交互出演、荷車引きの男3)
八木貞男 (男衆、辰男)
河村久子 (オト代)
小池泰光 (薬売り、供の者)
矢野昭 (荷車引きの男1)
田村錦人 (荷車引きの男2)
蔭山昌夫 (虎男)
石橋雅美(※=石橋雅史) (荷車引きの男4)
大久保正信 (荷車引きの男5)
伊堂寺和子 (鈴枝)
竹内弘子 (ヒナ)

【役名】 荷車引きの男4
タグ:〔舞台〕
posted by 管理人 at 07:47| Comment(0) | 舞台:文化座在籍時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

荷車の歌〔舞台〕(1962/3/6〜14 都市センターホール:文化座第29回本公演)

演出:佐佐木隆(※=佐々木隆)
脚色:寺島アキ子(原作:山代巴)

【出演者】(『劇団文化座五十年史上演年表』の「東京公演No.28と同」との記載に拠る)
鈴木光枝 (セキ)
佐々木愛 (房枝)
鈴木昭生 (初造)
荒木玉枝 (姑)
加藤忠 (茂市)
外山高士 (三造)
大矢兼臣 (同:交互出演)
佐原妙子 (リヨ)
斎藤三勇 (廃兵、七敷の旦那)
大滝正子 (オト代〔子供時代〕)
村田美智子 (同:交互出演)
遠藤慎子 (コムラ、近所の女3)
五月女道子 (ツル代)
高橋照子 (近所のおばあさん、おかみさん2、近所の女2)
三浦曙美 (近所のおかみさん、おかみさん1、近所の女1)
関登美雄 (近所の男、大工)
西村惇二 (籬先生)
森幹太 (同:交互出演、荷車引きの男3)
八木貞男 (男衆、辰男)
河村久子 (オト代)
小池泰光 (薬売り、供の者)
矢野昭 (荷車引きの男1)
田村錦人 (荷車引きの男2)
蔭山昌夫 (虎男)
石橋雅美(※=石橋雅史) (荷車引きの男4)
大久保正信 (荷車引きの男5)
伊堂寺和子 (鈴枝)
竹内弘子 (ヒナ)

【役名】 荷車引きの男4
タグ:〔舞台〕
posted by 管理人 at 07:49| Comment(0) | 舞台:文化座在籍時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

炎の人〔舞台〕(1962/6/2〜17 都市センターホール:文化座第30回本公演)

演出:佐佐木隆(※=佐々木隆)
作:三好十郎

【出演者】(パンフレット、登場順)
矢野昭 (アンリ〔炭鉱夫〕)
大矢兼臣 (ヴェルネ〔炭鉱夫〕)
八木貞男 (デニス〔炭鉱夫〕)
遠藤慎子 (老婆)
伊堂寺和子 (ハンナ〔ヴェルネの娘〕)
大久保正信 (ヨング〔牧師〕)
森幹太 (ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ)
河村久子 (シイヌ〔モデル女〕)
西村惇二 (ワイセンブルーフ〔画家〕)
石橋雅美(※=石橋雅史) (モーヴ〔画家、ゴッホの従兄〕)
鈴木光枝 (ルノウ〔食料品店のおかみ〕)
外山高士 (テオドール・ヴァン・ゴッホ)
南治 (画学生)
鈴木昭生 (タンギイ〔パリの絵具屋〕)
荒木玉枝 (タンギイの妻)
佐原妙子 (ベルト・モリソウ〔画家〕)
斎藤三勇 (ロートレック〔画家〕)
蔭山昌夫 (エミール・ベルナール〔画家〕)
小池泰光 (若い夫〔八百屋〕)
高橋照子 (その妻)
佐々木愛 (同:交互出演)
加藤忠 (ポール・ゴーガン〔画家〕)
松熊信義 (中年の男)
関登美雄 (シニャック〔画家〕)
田口つや子 (通行人)
関真知子 (通行人)
菅原チネ子 (通行人)
田村錦人 (ルーラン〔郵便配達夫〕)
五月女道子 (ラシェル〔酒場の女〕)
竹内弘子 (若い看護婦)
佐佐木隆(※=佐々木隆) (朗読者)

【役名】 モーヴ
ゴッホの義理の従兄で同時に絵の師である画家。
posted by 管理人 at 08:00| Comment(0) | 舞台:文化座在籍時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

漁船天佑丸〔舞台〕(1962/11/28〜12/4 都市センターホール:文化座第31回本公演)

演出:佐佐木隆(※=佐々木隆)
作:ハイエルマンス(訳:久保栄)

【出演者】(パンフレット、登場順)
佐佐木愛(※=佐々木愛) (クレメンチイネ〔網元の娘〕)
斎藤三勇 (コオブス〔クニエルチエの兄〕)
西村惇二 (ダアンチエ〔クニエルチエの兄〕)
大久保正信 (エルレ〔乞食〕)
田村錦人 (同:交互出演)
蔭山昌夫 (バレント〔クニエルチエの息子〕)
鈴木光枝 (クニエルチエ〔漁師の寡婦〕)
河村久子 (ヨオ〔クニエルチエの姪〕)
加藤忠 (クレメンス・ボス〔網元〕)
森幹太 (ゲエルト〔クニエルチエの息子〕)
鈴木昭生 (ジモン〔船大工〕)
五月女道子 (マリエチエ〔その娘〕)
荒木玉枝 (ザアルト〔漁師の寡婦〕)
八木貞男 (メエス〔マリエチエの許嫁〕)
石橋雅美(※=石橋雅史) (同:交互出演)
南治 (漁師)
関登美雄 (警官1)
大矢兼臣 (警官2)
遠藤慎子 (トリユウス〔漁師の女房〕)
外山高士 (カプス〔網元の書記〕)
佐原妙子 (マチルデ〔網元の妻〕)

【役名】 メエス
マリエチエ(船大工の娘)の許婚。
タグ:〔舞台〕
posted by 管理人 at 00:15| Comment(0) | 舞台:文化座在籍時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする